地域の小学生や大学生のアイデアを盛り込んで製作したボードゲーム(京都市北区役所)

地域の小学生や大学生のアイデアを盛り込んで製作したボードゲーム(京都市北区役所)

 楽しみながらまちのにぎわいづくりが体験できるボードゲームを、京都市北区の学区代表らでつくる「北区未来につながる区民会議」が制作した。

 会議は、仮想のまちで職業体験などができるイベントを開いてきたが、コロナ禍で昨年は中止となり、代わりにまちづくりがテーマのゲームを作ることにした。地域の小学生や大谷大の学生がオンラインで話し合い、アイデアを基にゲームデザイナーらが「北区こどものまちボードゲーム」として仕上げた。

 プレーヤーがまちのリーダーとなり、家の建設、インフラ整備、住民集め、まちびらきの各ステージをこなし、「ハッピー」というポイント獲得を競う。

 2~6人用で、対象年齢は8歳以上。5セット作り、希望者に貸し出す。問い合わせは同区役所地域力推進室075(432)1208。