京都府京丹波町などでつくる「京都丹波ロードレース大会実行委員会」は、11月3日に予定していた今年の大会を中止すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大を受けた対応で、中止は2年連続。

 同大会は例年、府立丹波自然運動公園を発着点に、距離や年代別の各部門で行い、全国から約3700人のランナーが参加する。

 実行委は「残念だが、ランナーやその家族の安全が最優先。沿道からの声援のもと、秋の丹波路を快走してもらえる日が来ることを願う」とした。