バスケットボール男子日本代表が、2019年のワールドカップ(W杯、8月31日~9月15日・中国)に13年ぶりに出場した。大会を前に、アジア地区2次予選の大躍進を支えたガードの比江島慎(栃木ブレックス、洛南高-青学大出)が、五輪出場への試金石となるW杯への思いや、鍛錬を積んだ京都時代の思い出を語った。