バレーボール男子日本代表の福沢達哉(パナソニック、洛南高―中大出)が2020年3月、レンタル移籍先のパリ・バレー(フランス)での活動を終え帰国した。東京五輪を見据え、2度目となる海外に33歳で挑戦したが、新型コロナウイルスの感染拡大でシーズン途中での帰国となった。現在の心境や延期された五輪への思いを聞いた。