かもばたくんをあしらい、自転車の交通ルールを伝える電柱幕(京都市左京区)

かもばたくんをあしらい、自転車の交通ルールを伝える電柱幕(京都市左京区)

 京都府警川端署のオリジナルキャラクター「かもばたくん」をあしらった自転車の交通ルールを伝える電柱幕が今春、京都市左京区内にお目見えした。愛らしいカモが自転車事故の原因となりやすい右側通行の禁止を呼び掛けている。

 電柱幕は縦80センチ、横20センチで、同署と川端交通安全協会が作った。自転車は道交法で原則左側を走ることが定められているが、右側を走行中の事故が多いことから企画した。

 約20枚作製し、東大路通などの電柱や信号柱に掲示している。同署の本田正交通課長(59)は「かわいらしい電柱幕が、自転車の左側通行のきっかけになれば」と話している。