バレーボールVリーグ1部の2020-21年シーズンは10月17日に開幕。大津市を拠点とする女子の東レは、黒後愛が新主将に就任した。新型コロナウイルスの影響で春夏の大会が中止され約9カ月ぶりとなる試合への意気込みや、東京五輪への思いを聞いた。
 ―主将を任されて変化は。
 「より自身のプレーや立ち居振る舞いを意識するようになった。キャプテンはチームの顔。プレーでも精神面でも安定していることが勝利につながると思う。実際にコートの内外でやることに違いはあまりない。自分の気持ちをくみ取ってくれる先輩方には、何度も助けられた」