京都中央信用金庫は、新型コロナウイルス感染症の影響を受ける食品関連の取引先を支援する「京のごちそうブランド創生プロジェクト」を始めた。各企業が目玉となる商品のアイデアを磨き、今秋のフェア出展を目指す。

 コロナ禍で需要の落ち込みや商流の変化に直面する食品業界向けに、初めて企画した。菓子や漬物、豆腐などを手掛ける京都府内の7社が参加し、京都知恵産業創造の森(京都市下京区)も共催でサポートする。

 プロジェクトでは、マーケティングの専門家を……