王将がJOURNAL STANDARDと企画したTシャツ

王将がJOURNAL STANDARDと企画したTシャツ

王将がRAGE BLUEと共同販売しているTシャツ

王将がRAGE BLUEと共同販売しているTシャツ

RAGE BLUEが王将をモチーフに製品化したクッション

RAGE BLUEが王将をモチーフに製品化したクッション

 「餃子(ぎょうざ)の王将」を展開する王将フードサービス(京都市山科区)が、若者向けアパレルブランドと組み、ファッショングッズを次々に投入している。天下一品グループ(大津市)も年内に発売する予定で、京都の人気店が、若者の胃袋だけでなく、おしゃれ心もつかもうとしている。

 若者や家族層など幅広い世代に人気の王将に目を付けたアパレルブランドから提案を受け、自社の知名度やブランド価値をさらに高める狙いで連携を決めた。

 若い男女から支持を集める衣料ブランド「JOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)」は、Tシャツ(4400円)やスエット上下(各6600円)などを製作し、期間限定で販売。「餃子の王将」「OHSHO」のロゴをプリントし、従業員の制服のようなシンプルなデザインに仕立てた。販売はすでに終了している。

 20代前半の若者に人気の「RAGE BLUE(レイジブルー)」も王将とアパレルを共同開発した。店舗とオンラインで販売している。「若者にとって大衆中華はレトロ感があって『エモい(心を揺さぶられる)』存在」といい、Tシャツ(4290円から)やクッション(3190円)など12種類をそろえた。

 京都生まれの人気ラーメンチェーン、天下一品グループも、アパレルブランドと共同開発したファッションアイテムを年内に発売する予定。創業50周年の記念企画で、「面白いことに挑戦する社風を生かしたい」という。