豪雨や台風による災害が起きやすい時期を迎え、京都府は20日、京都市上京区の府庁で部局長による会議を開いて緊急時の対応を改めて共有した。災害時に市町村が出す避難情報が「避難指示」に一本化されたことについて、府民が混乱しないように周知を徹底することを確認した。