西脇知事(右)に寄付金の目録を手渡す福井正興社長=京都市東山区・ウェスティン都ホテル京都

西脇知事(右)に寄付金の目録を手渡す福井正興社長=京都市東山区・ウェスティン都ホテル京都

 2020年5月に亡くなった元福寿園社長、福井正典さんの遺志に基づき、遺族が20日、京都府と京都文化財団(京都市中京区)に計1億円を寄付した。同財団は寄付を活用し、茶文化の振興に貢献した個人や団体を表彰する「福寿園・お茶の文化賞」を本年度中に創設する。

 ウェスティン都ホテル京都(東山区)で式典を催し、妻初美さんと同社会長の弟正憲さん、社長のおい正興さんが西脇隆俊府知事と山田啓二財団理事長に目録を手渡した。正興社長は「弊社も遺志を継ぎ、文化振興と業界発展に力を尽くす」と述べた。