アルミ缶にとげ状の突起が見つかった「タカラ焼酎ハイボール」

アルミ缶にとげ状の突起が見つかった「タカラ焼酎ハイボール」

 酒造大手の宝酒造(京都市下京区)は20日、缶入り酎ハイ「タカラ焼酎ハイボール」のアルミ缶にとげ状の突起が見つかったため、「タカラ焼酎ハイボール」シリーズの多くを含む缶酎ハイ117品目を自主回収すると発表した。大阪市の男性1人が指先を切るけがをしたという。

 同社によると、楠工場(三重県四日市市)のアルミ缶製造装置の不具合により、まれにふたの縁がへこんで胴部分との接合ミスが生じるのが原因という。同社は同工場での酎ハイの生産を一時停止した上で役員らが京都市内で記者会見し、陳謝した。

 回収対象は、同工場で製造した117品目。賞味期限が1年のため、同期限が2021年5月~22年4月の商品を回収する。対象商品の出荷本数は約9600万本。大半はすでに使用済みとみられるという。

 同社ホームページで回収申し込みを受け付ける。問い合わせはフリーダイヤル0120(222)501。受付時間は平日午前9時~午後5時。5月は土日も対応する。