京都市で20日、在宅の高齢者を対象とした新型コロナウイルスワクチンの集団接種の予約が始まったが、申し込みが殺到して夕方までに全ての枠が埋まった。市が集団接種を受けると想定していた高齢者は約3万人と全体の1割にとどまるが、なぜこんなにも早く満員になってしまったのか。背景には、