茶の湯とSDGs(持続可能な開発目標)を結び付けて世界に広める催しが21日、国会内であった。NPO法人「桜茶meet」(名古屋市)がオンラインで開催。丹後ちりめんの着物を着たメンバーが、宇治茶を用いて作法や日本の自然について紹介した。

 同法人は、茶の湯を入り口に日本文化や環境への配慮を伝えようと活動している。今回の企画は、国連が定めた「世界お茶の日」に……