滋賀県甲賀市信楽町勅旨にある鉄道橋「第一大戸川橋梁」が、文化審議会答申で国の重要文化財に指定される見通しとなった。現役鉄道橋の指定は全国でも珍しい。第一大戸川橋梁は、鉄道橋として沿線住民の暮らしを今も支えている。住民や維持管理を担ってきた鉄道マンたちは今回の答申に「地域の誇り」と喜んだ。

 同橋梁は大戸川に架かり、信楽高原鉄道(SKR)の勅旨駅と玉桂寺前駅を結ぶ線路を支える。当時の最新技術で架けられたことは地元で知られており、勅旨区長の宇田篤史さん(65)は「建設時は世界一の橋だったと……