「アスリートが特別になってしまっていいのか、疑問がある」。新型コロナウイルスワクチンの接種について、東京五輪陸上女子1万メートル代表の新谷仁美(33)は神妙な表情で語った。9日に国立競技場で開催された五輪テスト大会の前日オンライン会見。6日に国際オリンピック委員会(IOC)が、五輪・パラに参加する各国・地域選手団への米ファイザー製ワクチン提供を発表したばかりだった。