防衛大と映像中継しながらタイムを競う海洋高カッター部員(京都府宮津市・栗田湾)

防衛大と映像中継しながらタイムを競う海洋高カッター部員(京都府宮津市・栗田湾)

 京都府宮津市の海洋高カッター部が22日、ビデオ会議システムで神奈川県横須賀市の防衛大端艇委員会とつなぎ、タイムを競うレース交流会を開いた。栗田湾と横須賀沖でそれぞれが懸命にこぎ、カッターを疾走させた。

 新型コロナウイルス禍で、同日に静岡県で開催予定だった全国大会が中止となったことから、防衛大が海洋高に呼びかけて開いた。

 コースは往復2キロ。海洋高は14人が乗り込んだカッターなどにタブレット端末を乗せ、防衛大と同時刻にスタート。「イチ、ニ、ソーレ」と大きなかけ声で約10ノットに加速し、20秒差の11分23秒で勝つと、部員の笑顔がはじけた。その後、互いの練習時間や一番つらい練習メニューなどを質問し合っていた。

 海洋高3年の神内柚希主将(17)は「こぎは今までで1番で、練習の成果が出た。リモートを活用してたくさん試合ができればうれしい」と話していた。