京都経済センターのグランドオープンセレモニーでテープカットに臨む出席者(京都市下京区)

京都経済センターのグランドオープンセレモニーでテープカットに臨む出席者(京都市下京区)

 京都経済界の新たな拠点となる「京都経済センター」が16日、京都市下京区四条通室町でグランドオープンした。経済団体や産業支援機関など約50団体が集積する拠点で、多彩な店舗が入った商業ゾーンも開業。開所のセレモニーに関係者ら約200人が出席し、新たなビルのスタートを祝った。

 セレモニーには、京都商工会議所や京都工業会、京都織物卸商業組合、行政などの代表者らが出席。同センターを運営する一般社団法人「京都知恵産業創造の森」の初代理事長を務める立石義雄京商会頭が「構想から10年の歳月を経て完成し、感無量だ。今後は多様な知恵、情報、技術をかけ合わせるクロスの発想が求められる。センターを起点に『クロスバリュークリエーション』で平成の先の未来をデザインしたい」とあいさつした。

 四条通に面した1階では出席者によるテープカットが行われ、祝賀ムードに包まれた。2階の京都産業会館ホールでは京都織商と京商による着物展示会も始まり、「ポケモンセンターキョウト」などの商業ゾーンは多くの買い物客でにぎわった。

 同センターは、地下2階地上7階(延べ面積約2万9千平方メートル)。建設費約100億円。京商などの地元経済団体のほか、京都府や京都市の産業支援機関、金融機関なども入居。各団体が連携して産業振興や起業家、中小企業のサポートにも取り組む。