野球の春季高校近畿大会は22日、皇子山球場で開幕して1回戦2試合を行い、滋賀1位の綾羽は5―7で大阪桐蔭に競り負け、4強入りを逃した。智弁和歌山は1―0で神港学園(兵庫)に勝った。

 綾羽は、二回に連打を浴びて3点先制され、四回までに計7失点。五回から継投した野村が相手の強力打線を抑え、無失点でしのいだ。最終回に短打や失策でチャンスを広げ、上村の犠飛などで3点を返したが及ばなかった。


■好投の2年生、強豪相手に臆せず

 綾羽は2番手でマウンドに上がった2年の野村が力のある直球を中心に投げ込み、強力打線を4回2安打無失点と…