新潟-サンガ 後半13分、サンガの川崎(24)が先制点を挙げ喜ぶ選手たち(デンカビッグスワンスタジアム)

新潟-サンガ 後半13分、サンガの川崎(24)が先制点を挙げ喜ぶ選手たち(デンカビッグスワンスタジアム)

 サッカーJ2京都サンガFCは23日、デンカビッグスワンスタジアムで第15節を行い、新潟に1―0で競り勝った。3連勝で10試合連続の負けなし。勝ち点を35に伸ばし、新潟と琉球を抜いて今季初めて首位に立った。

 前半から敵陣で激しくプレスをかけ、人数を掛けてパスをつなぐ新潟の組み立てに対抗。互いに決定機を作りながら無得点で前半を終えた。後半13分、敵陣で川崎がルーズボールを奪ってつなぎ、ペナルティエリア正面の福岡が落として再び川崎。ゴール左隅へ狙い澄ましたミドルを流し込み、プロ初ゴールを挙げた。

 終盤にかけて相手にボールを持たれ、質の高いクロスや本間の個人技で危ない場面を作られたが、GK若原の好セーブやDF陣の体を張った守りで得点を許さなかった。