京都地方気象台

京都地方気象台

 京都・彦根の両地方気象台は24日夕、黄砂に関する気象情報を発表した。25日は黄砂が飛来し、見通しが10キロ未満になるとして、洗濯物への付着などに注意を呼びかけた。

 気象台によると、既に朝鮮半島で黄砂が観測されており、25日午後から京都府や滋賀県にも飛来する見通し。視程は10キロ未満、ところによっては5キロを下回る可能性もあるという。

 また、26日夜は京都府や滋賀県でも皆既月食が観測できる。気象庁の予測によると、黄砂は26日夜には日本列島付近から遠ざかる見通しで、大きな影響はないとみられる。