琵琶湖での遺体捜索のため、滋賀県の環境調査船に乗り込む捜査員ら(2008年10月、大津市)

琵琶湖での遺体捜索のため、滋賀県の環境調査船に乗り込む捜査員ら(2008年10月、大津市)

 京都市伏見区で歯科医院を経営していた井澤貴生さん=当時(38)=をめぐっては、京都府警組対二課と大阪府警が2008年10月、殺人の疑いで、大阪府吹田市の元共同経営者の男=当時(33)ら3人を逮捕。「遺体は琵琶湖に捨てた」との容疑者らの供述に基づいて、両府警は同月18日、琵琶湖で遺体の捜索を行った。

 大阪地裁は2009年10月7日、殺人罪と死体遺棄罪で、井澤さんの元共同経営者の男に、懲役16年(求刑懲役20年)の判決を言い渡した。判決によると、元共同経営者の男は元暴力団幹部らと共謀し、2007年11月8日、大阪府吹田市の会社事務所内で、井澤さんに麻酔薬を注射したりして眠らせ、首を絞めて殺害した。また、遺体を車で滋賀県守山市の琵琶湖畔に運び、湖に遺棄した。