米原市役所

米原市役所

 滋賀県米原市は24日、午前9時に再開した高齢者向け新型コロナウイルスワクチン集団接種の予約について、システムに設定ミスがあり、同10時に電話と専用サイトでの受け付けを一時停止したと発表した。市はシステムを修正し、27日午前9時に受け付けを再開する。県によると、システム不具合での受け付け停止は県内19市町で初めて。

 市新型コロナウイルスワクチン接種推進室によると、ワクチンは1回目接種の約3週間後に2回目を行う必要がある。5月15~30日に1回目接種を実施する1385人分の2回目接種について、市がシステム事業者へ提供したデータに予約枠の数を実際より少なく見積もる誤りがあり、予約枠が7割しか確保できていない状態だったという。

 この日、2回目の接種を申し込んだ市民の予約が3週間後以降に先送りされる事態が相次ぎ発生し、ミスが発覚した。

 この日予約手続きを行ったのは1回目接種の予約も含め計5342人。このうち2回目の予約が取れなかったり接種間隔が大きく開いた人に対し、市は27日までに、3週間後を目安に予約枠を割り当て、電話で個別に連絡する。さらに全員に、接種会場や日時を記載した文書を郵送する。