聖火を受け取る第1走者で元レスリング世界王者の正田絢子さん(25日午後3時2分、京都府亀岡市・府立京都スタジアム)

聖火を受け取る第1走者で元レスリング世界王者の正田絢子さん(25日午後3時2分、京都府亀岡市・府立京都スタジアム)

聖火リレーが行われる京都府立京都スタジアム(亀岡市)

聖火リレーが行われる京都府立京都スタジアム(亀岡市)

 東京五輪の聖火リレーが25日、京都府亀岡市の京都府立京都スタジアム(サンガスタジアム京セラ)で始まった。当初は府内16市町を通る計画だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて公道の走行は避け、同スタジアムでの代替開催となった。77人のランナーたちは高々とトーチを掲げて走り、聖火をつないだ。

 京丹後、宮津、舞鶴、綾部、福知山、長岡京、亀岡の各市を走る予定だったランナーが集い、当初予定から2人が欠席した。リレーは午後3時すぎに始まり、京丹後市の網野高教諭で、レスリング元世界選手権女王の正田絢子さん(39)が第1走者を務めた。

 ランナーたちは、スタジアム内に設けられた1周約200メートルのコースを1人50メートルずつ走り、次の走者のトーチに火をともした。最終ランナーの亀岡中3年山田諒さん(14)が場内の聖火皿に点火し、午後6時半ごろに初日の日程を終えた。ランナーの家族らを除き、無観客で実施された。スタジアムの前では、五輪開催に反対するデモが行われた。

 26日も同スタジアムで約100人が走る予定。27、28日は滋賀県でリレーが行われる。