京都地裁

京都地裁

 同志社大の男子学生=当時(19)=がサークルの飲み会で上級生らから酒を一気飲みさせられて死亡したとして、学生の母親が25日までに、大学を運営する法人を相手取り、1千万円の損害賠償を求める訴えを京都地裁に起こした。

 訴状によると、学生は2015年4月に同大に入学し、大学公認サークルに所属。16年2月に兵庫県内のホテルで行われたサークルの春合宿で缶ビール1本や焼酎のストレートを紙コップで4~5杯以上一気飲みさせられた。その後、仲間らがトイレで倒れている学生を見つけて部屋に運んだが、口から泡を吹き大きないびきをかいているにもかかわらず119番しなかった。翌朝、呼吸をしていないことに仲間らが気付いたが、急性アルコール中毒のため搬送先の病院で死亡が確認されたとしている。

 原告側は、サークル内では上級生が下級生に酔いつぶれるまで飲酒を強要することが伝統として常態化していたと主張。顧問の大学教授もそのことを認識していたと指摘し、大学は学生らに飲酒の危険性を呼び掛け、指導するなどの安全配慮義務を怠ったと訴えている。

 原告は合宿に参加していた一部学生に対しても損害賠償を求める調停を京都簡裁に申し立てており、一定額を支払う内容で成立する見込みという。

 同志社大は「訴訟を控えているためコメントは差し控える」としている。