茶源郷まつりで限定販売する京都府和束町オリジナルデザインの八ッ橋(同町役場)

茶源郷まつりで限定販売する京都府和束町オリジナルデザインの八ッ橋(同町役場)

 京都府和束町オリジナルデザインの八ッ橋を、大学生のボランティアグループが企画した。11月2、3日に同町で開かれる茶源郷まつりの会場で販売する。
 関西大や大和大の学生でつくるNPO法人「国際ボランティア学生協会(IVUSA)」の大阪吹田クラブが企画した。同クラブのメンバーは6年前から茶源郷まつりの運営にボランティアで携わっており、新たな試みとしてオリジナル商品を提案した。
 八ッ橋は「聖護院八ッ橋総本店」(京都市左京区)に製造を依頼し、「茶源郷まつり」の文字や、町のマスコットキャラクター「茶茶ちゃん」のイラスト入り。パッケージにも同クラブのマスコットなどをあしらった。18枚入りで、和束茶1袋をセットにして950円で販売する。
 関西大2年羽根航希さん(21)は「和束を知ってもらおうと作ったので、ぜひご賞味を」とアピールしている。