【資料写真】護衛艦「ひゅうが」

【資料写真】護衛艦「ひゅうが」

 海上自衛隊舞鶴地方総監部は26日、福島県沖を航行中の護衛艦「ひゅうが」で、20代の男性海士が行方不明になった、と発表した。

 同総監部によると、同日午前6時20分ごろ、朝の起床の人員確認で男性海士の所在が分からず、艦内を捜索したが発見に至らなかった。海に転落した可能性があるとして、海上自衛隊の艦艇や海上保安庁の巡視船が捜索している。

 ひゅうがは第3護衛隊群に所属し、舞鶴基地が母港。乗員は約380人。