【資料写真】近江鉄道の車両

【資料写真】近江鉄道の車両

 滋賀県東近江市は、近江鉄道桜川―朝日大塚間で新駅設置について検討を始める。市議会6月定例会提案の本年度一般会計補正予算案に調査費500万円を盛り込んだ。

 市が構想する蒲生新駅(仮称)は、8月に開設予定の蒲生医療センターがん診療棟(桜川西町)の利便性向上などを図る狙い。センター最寄りの桜川駅からは徒歩15分だが、新駅設置により同1分に短縮できるという。

 市公共交通政策課は「設置の必要性とともにコストやスケジュールについて検討したい」としており、車いす利用などバリアフリー対応のニーズなども調査する。