新型コロナウイルス感染症の「第4波」について、府北部を担当する府の3保健所に地域ごとの傾向や医療体制の現状を聞いた。いずれも家庭内での感染が目立ち、府全域での病床の逼迫(ひっぱく)もあって福知山市では一時、自宅療養の人が急増した。新規感染者数は減りつつあるが、各保健所は改めて感染対策の徹底を呼び掛けている。