雲に覆われ、全く月が見えない京都市上空(2021年5月26日午後8時10分、京都市中京区の京都新聞社屋上から)

雲に覆われ、全く月が見えない京都市上空(2021年5月26日午後8時10分、京都市中京区の京都新聞社屋上から)

雲に覆われ何も見えない京都市上空(2021年5月26日午後7時10分、京都市中京区の京都新聞社屋上から)

雲に覆われ何も見えない京都市上空(2021年5月26日午後7時10分、京都市中京区の京都新聞社屋上から)

 月が地球の影に隠れる月食が26日夜、全国各地でスタートした。午後8時9分からは、完全に月が欠ける「皆既月食」となり、神秘的な「赤銅色の月」となる。

 京都市内では、午後6時53分に一部が欠けた状態の満月が昇ってくるはずだった。しかし、京都・東山の上空には雲がどんよりと垂れ込めた。完全に欠ける午後8時9分になっても地上のマンションやホテルの灯りは見えるものの、星や月の光はまったく見えず、「皆既状態」が終わる午後8時28分まで月が顔を出すことはなかった。

 今回の皆既月食は、満月が1年で最も大きく見える「スーパームーン」と重なっており、注目を集めている。