キャッシュレス決済では電子マネーかクレジットを選択して支払う’(長岡京市役所)

キャッシュレス決済では電子マネーかクレジットを選択して支払う’(長岡京市役所)

 京都府長岡京市は、市民課窓口で発行する各種証明書などの交付手数料の支払いに電子マネーやクレジットカードが使えるキャッシュレス決済を始めた。乙訓2市1町では初めて。利用者が早速、現金を取り出す手間なく手軽に利用している。

 キャッシュレス決済は新型コロナウイルスに伴う非接触型接客や利便性の向上、収納事務の円滑と効率化が目的。地方自治法施行令の規定に基づき、歳入の収納事務代行を民間企業に委託した。

 電子マネーはICOCAやSuica、WAONやnanacoなど13種。クレジットはVISAとマスターカードの2種。電子マネーは決済アプリを取り込んだスマートフォンをかざすだけで払える。クレジットはカードリーダーに差し込み暗証番号を入力して支払う。ただし、窓口で電子マネーのチャージはできない。

 市民課窓口には電子マネーやクレジットカードが利用できることを掲示。利用者はキャッシュレス決済で電子マネーでの支払いを選択し、カウンターに置かれたカードリーダーにスマホをかざしている。

 市民課は「窓口でのキャッシュレス決済は周知不足で今のところ現金の支払いが多い。さまざまな場面で、この決済をされる方が増えているため、今後は活発に利用してもらえると思う」と話した。