新型コロナウイルスのワクチン接種を希望する高齢者に対し、地域住民が予約を手助けする取り組みが京都府内で広がっている。自治体からの文書の内容を分かりやすく伝えたり、当事者の疑問に答えたりしており、手続きを複雑に感じる高齢者の身近な相談役として活躍している。