平池で群生するカキツバタ。新緑とともに淡紫色の花が水面に映える(高島市今津町深清水)

平池で群生するカキツバタ。新緑とともに淡紫色の花が水面に映える(高島市今津町深清水)

 滋賀県高島市今津町深清水の平(だいら)池で、県内最大規模とされるカキツバタ群生地が見頃を迎えている。淡紫色の花が初夏の新緑とともに水面に映り込み、周囲を鮮やかに彩っている。

 平池は標高約550メートルに位置し、約2ヘクタールある湿地帯にカキツバタ約4千株が群生する。家族旅行村「ビラデスト今津」から徒歩約10分の近さで、県内外から多くの写真愛好家らが訪れている。奈良市から来た男性(66)は「静寂に包まれた池で咲く花は、いっそう美しく見える」と目を細めていた。

 同村によると、見頃は6月上旬ごろまで。要入村料(小学生以上300円)。ビラデスト今津0740(22)6868。