自民党にLGBT法案の今国会での成立を呼び掛ける福山氏(国会内)

自民党にLGBT法案の今国会での成立を呼び掛ける福山氏(国会内)

 今国会でのLGBT法案提出を自民党が見送る方針を示したことを受け、立憲民主党の福山哲郎幹事長(参院京都選挙区)は28日、国会内で会見し「与野党を超えて努力して何とか合意にたどり着き、当事者の皆さんが成立を願っている法案。最後の最後まで成立に向けて努力いただきたい」と述べ、会期末が迫る中、自民側に「異例」とも言える呼び掛けを行った。

 東京五輪・パラリンピック招致決定後、五輪憲章で掲げられた性的志向による差別禁止の理念を実現する国内法の整備に向け、党派を超えて一致点を探ってきた。超党派議連の一員でもある福山氏は「多様性を大切にする法案がなかったことが非常に残念な状況であり、五輪の年に法律を通そうという多くの皆さんの努力があった」と、6年間の議論の重みを強調した。

 この日の自民党総務会で結論を三役に一任したとしたことに「賛成か反対か、法案を通すつもりがあるのか、はっきりしない状況」とした上で、「きょうの結果は残念に思うが、まだ成立させる希望を捨てていない」と国会審議で全面協力する構えを明確にした。