京都国際-智弁学園 智弁学園打線を5回まで1安打に抑えた平野(皇子山)

京都国際-智弁学園 智弁学園打線を5回まで1安打に抑えた平野(皇子山)

 春季近畿高校野球大会は29日、大津市の皇子山球場で準決勝2試合を行い、京都国際は2―4で智弁学園(奈良)に逆転負けした。

 京都国際は二回、森下の右越え三塁打を起点に、押し出し死球と犠飛で2点先制。選抜大会以来の登板となる右腕の平野が先発し、六回まで2失点に抑えた。七回から左腕の森下が継投したが、八回1死満塁のピンチで、スクイズをはずしたものの捕手の悪送球で2点勝ち越された。

 30日の決勝は智弁学園と、智弁和歌山にサヨナラ勝ちした大阪桐蔭が対戦する。