大規模接種センターが開設された大阪府立国際会議場(大阪市北区)

大規模接種センターが開設された大阪府立国際会議場(大阪市北区)

 高齢者を対象とする新型コロナウイルスワクチンの接種で、政府が大阪府立国際会議場(大阪市北区)に設けた大規模接種センターで接種を希望する京都府民の予約受け付けが、31日午後1時ごろに開始される。防衛省のホームページか無料通信アプリのLINE(ライン)で行う。接種期間は6月7~13日。

 対象は65歳以上で、これまで市町村での接種を一度も受けていない人。予約はネットのみで、電話や会場での対応はしない。予約の操作と接種の際に、市町村から送付された接種券が必要となる。

 既に市町村の接種を予約している人は「二重予約」となることから、防衛省は同センターでの接種を希望する場合、あらかじめ市町村の予約を取り消しておくよう呼び掛けている。

 予約できる期間は6月6日まで。ただ、同センターでは今月17日に大阪市民に限定し予約を受け付けたところ、1週間分の約2万5千件が初日の約25分間でいっぱいに。大阪府民に対象を拡大した25日も1週間分の約3万5千件が約30分間で埋まった。

 第3弾の今回は対象が京都と大阪、兵庫の3府県民に広がる。先着順で府県ごとの配分枠はないため、予約が殺到して争奪戦になる可能性もある。

 大規模接種センターは7月末までに高齢者の接種完了を目指す政府が東京と大阪に設置し、自衛隊が運営している。使用するワクチンは米モデルナ製で、接種は日数を空けて2回行う。

 京都府は会場への移動を支援するため、無料の送迎バスを運行する。府内6地域に計8ルートを設けており、接種の予約を済ませた人を対象に予約を受け付ける。送迎バス予約用のコールセンターは050(3748)6646、050(3703)6646。平日午前10時~午後4時。