J2京都サンガFCは今季の3分の1強の日程を終え、首位で中盤戦に入った。好調の要因は、今季就任した曺監督が掲げる攻撃サッカーの浸透だ。敵陣からプレスを仕掛け、奪ったら人数をかけて前へ出る。攻めの姿勢が相手の攻撃を封じ、接戦をしのいで勝ち点を積み重ねてきた。

 開幕当初の5試合は2勝2敗1分け。磐田戦では3点を奪いながら4失点で敗れ、秋田戦は圧倒的に押し込みながら0-1で落とすなど、活発な攻撃の一方でまだ隙があった…