平成の30年間に県内で発掘された古墳時代から室町時代までの遺物の逸品を紹介するロビー展示が、大津市瀬田南大萱町の県埋蔵文化財センターで開かれている。悪霊を追い払う上御殿遺跡(高島市)の木製祭祀(さいし)具や県内の6遺跡から見つかった日本最古の貨幣の無文銀銭など、計21遺跡から出土した約110点を展示している。

 上御殿遺跡は、古墳時代から平安時代までの約600年間、同じ川辺で営まれた祭祀道具の……