南丹市役所

南丹市役所

 京都府南丹市は31日、同市発注の浄水場工事を巡る官製談合事件で、業者に入札情報を漏らしたとして官製談合防止法違反で逮捕、起訴された同市の元土木建築部次長(59)と元上水道課長補佐(48)を懲戒免職処分にした。

 2人は2019年の浄水場工事の入札で、非公表の情報を地元業者に教え、最低制限価格と同額で落札させたとされる。市は5月11日の京都地裁での初公判で、両被告が起訴内容を認めたことなどを踏まえ、処分を決めた。

 上司だった土木建築部長と上下水道部長(いずれも当時)ら、関連の幹部4人を減給10分の1(1カ月)、1人を戒告とした。

 西村良平市長は「信頼を失墜させ、深くおわびする。原因を究明し、再発を防ぐ」とコメント。管理責任を明確にするため、西村市長は減給10分の1(3カ月)、山内守副市長は同10分の1(2カ月)とし、開会中の市議会6月定例会に関連議案を追加提案する。