京都市役所

京都市役所

 京都府と京都市は31日、新型コロナウイルスの患者2人が死亡し、新たに10歳未満から80代までの23人が感染したと発表した。新規感染者はおそよ2カ月ぶりに30人を下回り、3回目の緊急事態宣言中では最少。症状は中等症が1人、軽症が18人で、12人の感染経路が不明だった。府内の感染者数は計1万5822人になった。

 亡くなった人は京都市在住の70代と80代の男性で、80代男性には基礎疾患があった。市は遺族の意向で詳細は非公表としている。

 新規感染者の京都市発表分は18人。市内の事業所に勤務する20代女性の陽性が判明。この事業所では計5人となり、市はクラスター(感染者集団)が発生したとみている。このほか、市山科区役所で40代男性職員の感染が分かり、27日以降で計3人になった。

 居住地は市内15人、宇治市、城陽市、向日市でそれぞれ1人だった。

 府は5人で、京都市と福知山市、向日市、八幡市、久御山町で各1人。