がん免疫療法の免疫チェックポイント阻害薬PD1抗体が効かない患者に対して効果を生み出す可能性のある手法を見いだしたと、京都大の本庶佑(ほんじょ・たすく)特別教授らのグループが発表した。PD1抗体でも効果を示さない高齢がん患者らに対し新たな治療法になり得る。米国科学アカデミー紀要に1日、掲載される。

 PD1抗体の開発を主導した本庶特別教授は2018年にノーベル医学生理学賞を……