新型コロナウイルスワクチンの個別接種を受けられる医療機関全てを公表する―。京都市が高々と掲げた方針は、わずか10日余りで覆った。門川大作市長は京都府医師会の承諾を得たと説明していたが、