発生から10年がたった東日本大震災直後に福島県で就農する予定だった男性が、京都府福知山市に移住して農業を営んでいる。東京電力福島第1原発事故の影響で、福島では農家としての人生に展望が持てず、新天地で野菜の栽培に精を出している。