京都大学

京都大学

 細胞の老化を妨げることでがんの発生を促す因子を見つけたと、京都大などのグループが発表した。がん細胞の増殖にかかわる仕組みの一端が明らかになったことで、新たな治療法の開発につながる可能性があるという。米科学誌サイエンス・シグナリングに1日掲載された。

 がんの主要な原因の一つとして知られるRas遺伝子が活性化すると、細胞が腫瘍化し増殖が促される。一方で細胞老化も促進するため、腫瘍細胞が一定以上には増殖せず、それだけではがん化しないとされる。がんが発生するにはRas遺伝子の活性化に加えて細胞老化を妨げる仕組みが働くとみられていたが、詳細は不明だった。

 京大生命科学研究科の井垣達吏教授らのグループはショウジョウバエを用いた実験で、Ras遺伝子によって腫瘍化した細胞を解析し、Ras遺伝子が別の遺伝子に作用して細胞老化を促進する過程を解明した。さらに調べると、2種類の「マイクロRNA」という物質がRas遺伝子の役割とは反対に、細胞老化を妨げてがん化を促していることが分かった。

 井垣教授は「ヒトのがんでも同様のメカニズムが機能している可能性がある。がん治療への応用が期待できる」と話している。