京都府

京都府

 京都府後期高齢者医療広域連合は2日、府内16人に高額療養費の限度額を超える自己負担をさせていたと発表した。超過額は計約240万円で、対象者には既に謝罪しており、過払い分を返還する。

 同広域連合事務局によると、2019年3月にシステムのプログラムを修正した際に誤りが発生。今年3月までの間、一部被保険者について負担額を適切に判定ができなかったという。

 自己負担額が過大だったのは京都市13人と木津川市、宇治田原町、与謝野町の各1人。総額は238万8千円で、1人当たり39万4千円~9千円となる。