山本直樹容疑者(フェイスブックから)

山本直樹容疑者(フェイスブックから)

京都地検

京都地検

 難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者への嘱託殺人罪で起訴された2人の医師らが一方の父親を殺害したとされる事件で、京都地検は勾留期限の3日、殺人罪でともに医師の山本直樹容疑者(43)=住所不定=と大久保愉一(よしかず)容疑者(43)=仙台市=を追起訴し、山本容疑者の母・淳子容疑者(76)=長野県軽井沢町=を同罪で起訴した。地検は3人の認否を明らかにしていない。


 起訴状によると、3被告は共謀して山本被告の父・靖さん=当時(77)=を殺害しようと計画し、2011年3月5日正午から午後4時ごろの間に、東京都内のアパート一室などで、靖さんを不詳の方法で殺害したとしている。

 遺体は司法解剖されずに火葬されており、殺害を裏付ける直接証拠は乏しい。地検は殺害計画を記したメールや死亡の経緯の不審点などの状況証拠から、立証が可能と判断した模様だ。

 捜査関係者の説明では、3被告から押収したパソコンに殺害計画を記した複数のメールが残されていた。山本被告と大久保被告は死亡診断書の作成や火葬の手続きなどを打ち合わせ、山本被告と淳子被告は靖さんへの不満をつづっていたとされる。

 捜査関係者によると、靖さんは11年当時、長野県の精神科病院に入院していたが、急死するような病状ではなかった。だが、山本被告が「東京都内の知人の病院に転院させる」と申し出て3月5日午前に退院すると、午後に靖さんの死亡届が都内の区役所に提出された。

 死亡診断書には同日昼過ぎに心臓などの異常で急死したと書かれていたが、実在しない診療所名が記載されるなど不審点があった。府警は偽造された疑いがあるとみている。殺害場所とされる東京都内のアパートの部屋は、亡くなる5日前に山本被告の名前で短期契約されていたという。

 山本、大久保両被告はこれまでに京都市中京区のALS患者の女性への嘱託殺人罪や有印公文書偽造罪などで起訴されている。

 捜査関係者の説明では、3容疑者から押収したパソコンに殺害計画を記したメールが残されていた。直樹容疑者と大久保容疑者は死亡診断書の作成や火葬について相談し、直樹容疑者と淳子容疑者は靖さんへの不満をつづっていたという。

 山本直樹、大久保両容疑者は京都市中京区のALS患者の女性への嘱託殺人や有印公文書偽造などの罪で起訴されている。