事故で運転席が大破した中型トラック(栗東市小野)=滋賀県警提供

事故で運転席が大破した中型トラック(栗東市小野)=滋賀県警提供

滋賀県警本部

滋賀県警本部

 2日午後9時30分ごろ、滋賀県甲賀市甲賀町神保の新名神高速道路上り線で、岡山市の会社員男性(47)の中型トラックと、千葉市緑区の男性運転手(52)の大型トラックが衝突した。会社員男性が全身を強く打って死亡した。男性運転手にけがはなかった。

 滋賀県警高速隊によると、現場付近は道路工事に伴い走行車線が規制中で、衝突は追い越し車線で発生。会社員男性のトラックが後方を走行していたという。事故の影響で午後11時ごろから約3時間、上り線の信楽-甲賀土山インターチェンジ間が通行止めになった。