本当か嘘(うそ)か、善か悪か-。何でも二分化を迫るような現代の風潮への問い掛けとして今作を撮った。京都シネマ(京都市下京区)で11日から公開の映画「のさりの島」。監督・脚本は、京都芸術大映画学科教授の山本起也(たつや)(55)=京都市左京区在住=が手掛けた。2年前公開の映画「嵐電(らんでん)」(鈴木卓爾(たくじ)監督)に続き、学生も関わる同大学のプロジェクト「北白川派」の新作。熊本県天草市でオールロケし、懐の深い優しさで人と人をつなぐ脱・分断時代の物語をゆったりと紡いだ。=敬称略