京都市内の主要駅では、複数の鉄道事業者がスピードや運賃の安さをアピールし、集客を競う。しかし、地下鉄東西線開通直後の山科駅では少し様子が違ったようだ。