大久保愉一容疑者(クリニックHPから)

大久保愉一容疑者(クリニックHPから)

一連の事件経緯

一連の事件経緯

医師らによる父親殺害事件のポイント

医師らによる父親殺害事件のポイント

 難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者への嘱託殺人罪で起訴された2人の医師らが一方の父親を殺害したとされる事件で、ともに医師の大久保愉一(よしかず)容疑者(43)=仙台市=が山本直樹容疑者(43)に犯行計画を指南していた疑いがあることが3日、捜査関係者への取材で分かった。両容疑者は事件の約半年前から、父親の殺害を示唆するメールを交わしていたという。

 京都地検は3日、殺人罪で医師2人を追起訴し、山本容疑者の母の淳子容疑者(76)=長野県軽井沢町=を同罪で起訴した。地検は3人の認否を明らかにしていない。事件は裁判員裁判で審理される。

 起訴状によると、3被告は共謀して山本被告の父・靖さん=当時(77)=の殺害を計画し、2011年3月5日正午から午後4時ごろ、東京都内のアパートの一室などで、靖さんを何らかの方法で殺害したとしている。

 捜査関係者によると、3被告のパソコンから詳細な殺害計画のメールが見つかった。山本、大久保両被告は事件の半年ほど前から靖さんを死なせることについて相談しており、約1カ月前から計画が具体的になったという。大久保被告は、死亡診断書の作成方法などを山本被告に教えていたという。

 大久保被告は事件当時、国立大学の法医学教室に在籍し、死後の手続きに詳しかったとみられる。山本被告は当時、研修医だった。

 捜査関係者によると、靖さんは精神科病院に入院していたが、急死するような病状ではなかった。だが、山本被告らの意向で退院した当日に、東京都内で死亡したとされる。死亡診断書には病死と記載されたが、実在しない診療所名が書かれており、府警は偽造の疑いがあるとみている。

 山本、大久保両被告は京都市中京区のALS患者に依頼され、19年11月に薬物を投与して殺害したとして嘱託殺人罪などで起訴されている。