滋賀県は18日、資格要件を満たさない清掃業者を誤って入札参加資格者名簿に登録していた、と発表した。県施設の受水槽清掃業務を受注した県内の業者が、必要な保健所の証明書を取得していなかったという。他の業者からの指摘で分かった。

 県総務課によると、昨年、県が清掃業者から名簿への登録申請を受けた際、資格要件を満たしていると誤認したという。